基準は本人次第

人工合成添加物にも無添加化粧品にも双方にメリット・デメリットがある事は分かっていただけたかと思います。それでは、どのような判断基準で選べばいいのだろうかと悩んでしまう方もいるかと思いますが、それはご自身の基準によるとしか言えません。絶対にこちらが良い、という基準は存在しませんのでご自身が何を重視するか、どのような環境において使用するのか、などによって選ぶ化粧品を変えるのが良いでしょう。

保存に気を使わなくとも使用できる人工合成添加物の化粧品はこまごまとした管理が苦手だという方に向いていますし、他人より肌が弱いという方には無添加化粧品が向いているでしょう。そうした個人個人の性質に合わせて使う化粧品を選ぶ事も大事になってくるかと思います。

ただ、赤子のように、特に肌が弱い児童に使う場合はアレルギーなどの心配がありますので無添加の物を使用した方が良いでしょう。同様にアレルギー体質の方は必ず無添加の物をお使いください。また、パッチテストをして、肌に悪影響が無いかを確かめてから必ず使用してください。アレルギー体質などは人によって様々なので、アレルギーテストをした、と謳っている商品であっても盲目的に信じる事の無いようにお願いします。

メリット・デメリット

とは言え、何がデメリットなのか、何がメリットなのかと言うのは一概に言えることではありません。肌に優しいと言われている無添加化粧品についてもデメリットといえる点はありますし、人工合成添加物を使用している化粧品にもメリットはあります。ですのでここではまずデメリットについてお話します。

人工合成添加物のデメリットは先に書いた通りの物です。知らず知らずの内に肌の自己治癒能力を落としてしまっている事や、角質が厚く、固く変化してしまう可能性が高いという事でした。では無添加化粧品のデメリットとは何なのでしょうか。まず一つは値段です。

無添加の化粧品の場合、人工合成添加物を使用している物と比べるとどうしても高価になりがちです。肌のためとはいえ、それなりの出費を強いられることになります。また、保存についても注意が必要となります。人工合成添加物を使用している物ですと防腐剤などが使えますが、無添加の物ですとそうした防腐剤は使えないので、使用期限が短かったり、保存の際に特別な注意点が必要であったりするのです。無添加の物が如何に安全だと言っても、そうした保存上の注意点を守らずに使用してしまえば腐っていまい、むしろ肌には悪影響しか与えないでしょう。

スキンクリームの成分

昨今肌のケアに使うスキンクリームで無添加の物を使用しているという方が増えています。無添加の商品は肌に優しいと言われていますが、それはどうしてなのかご存知でしょうか。無添加商品の定義は厚生省によって定められていた102種類の表示指定成分が含まれていない商品を指します。この表示指定成分が含まれていない事で、肌への負担が少なく元々持っている自己治癒力を高めてくれる為、無添加のスキンクリームは肌に優しい、と言われるのです。人口合成添加物の入ったスキンクリームなどは効果が高いと実感される方が多くいます。

その効果の高さは刺激の強さと言い換えても良いもので、刺激が強いと肌の確執は傷ついてしまいます。人口合成添加物による刺激を受けた肌はダメージを避けようと角質が厚く、固くなります。そうすると化粧品の持つ保湿成分や美白成分が浸透しづらくなってしまうという本末転倒な結果を迎える事になるのです。また、そうした過剰な効果は肌本来が持っている筈の自己治癒能力までも抑制してしまう事になりますので、長い目で見ると肌は疲弊し、年齢と共に落ちてくる自己治癒能力の衰えがことさら強く出てしまう事になります。

化粧品の効果という物は長く使ってこそ初めて実感できるものです。良くも悪くも効果が現れにくいというのは知らず知らずのうちに悪い影響も蓄積されて行っているという事ですので、自分が使っている物がどういったもので、それはどのような効果があるのかをメリット・デメリット双方から調べて使うかどうかを判断してほしいと思います。