基準は本人次第

人工合成添加物にも無添加化粧品にも双方にメリット・デメリットがある事は分かっていただけたかと思います。それでは、どのような判断基準で選べばいいのだろうかと悩んでしまう方もいるかと思いますが、それはご自身の基準によるとしか言えません。絶対にこちらが良い、という基準は存在しませんのでご自身が何を重視するか、どのような環境において使用するのか、などによって選ぶ化粧品を変えるのが良いでしょう。

保存に気を使わなくとも使用できる人工合成添加物の化粧品はこまごまとした管理が苦手だという方に向いていますし、他人より肌が弱いという方には無添加化粧品が向いているでしょう。そうした個人個人の性質に合わせて使う化粧品を選ぶ事も大事になってくるかと思います。

ただ、赤子のように、特に肌が弱い児童に使う場合はアレルギーなどの心配がありますので無添加の物を使用した方が良いでしょう。同様にアレルギー体質の方は必ず無添加の物をお使いください。また、パッチテストをして、肌に悪影響が無いかを確かめてから必ず使用してください。アレルギー体質などは人によって様々なので、アレルギーテストをした、と謳っている商品であっても盲目的に信じる事の無いようにお願いします。