メリット・デメリット

とは言え、何がデメリットなのか、何がメリットなのかと言うのは一概に言えることではありません。肌に優しいと言われている無添加化粧品についてもデメリットといえる点はありますし、人工合成添加物を使用している化粧品にもメリットはあります。ですのでここではまずデメリットについてお話します。

人工合成添加物のデメリットは先に書いた通りの物です。知らず知らずの内に肌の自己治癒能力を落としてしまっている事や、角質が厚く、固く変化してしまう可能性が高いという事でした。では無添加化粧品のデメリットとは何なのでしょうか。まず一つは値段です。

無添加の化粧品の場合、人工合成添加物を使用している物と比べるとどうしても高価になりがちです。肌のためとはいえ、それなりの出費を強いられることになります。また、保存についても注意が必要となります。人工合成添加物を使用している物ですと防腐剤などが使えますが、無添加の物ですとそうした防腐剤は使えないので、使用期限が短かったり、保存の際に特別な注意点が必要であったりするのです。無添加の物が如何に安全だと言っても、そうした保存上の注意点を守らずに使用してしまえば腐っていまい、むしろ肌には悪影響しか与えないでしょう。